スクールショップ みやざきブログ スクールショップ みやざきブログ

よくあるご質問

よくあるご質問

HOME » よくあるご質問

いざ入学となると「いつまでに買えばいいの?」「サイズ選びは?」「3年間着用できるの?」など制服に関する分からないことがいっぱい。
スクールショップみやざきでは、疑問や不安に少しでもお応えできればと、お母さん方からよく寄せられるご質問とその回答をまとめてみました。

ランドセル編

  • Q.購入時期が早まっているような気がしますが、早い方が良いのでしょうか?
    ご指摘のとおり、購入時期は全国的に早まっていると感じます。富山では例年7〜月ごろにご購入されるお客様が多かったのですが、昨年は、6月が最も多く、4月〜6月が全体の約半数を占めています。人気が高い工房製作品だと7、8月に完売になってしまうこともあり、工房製作品や希少価値の高い天然素材をご希望でしたら早めの購入をおすすめします。
  • Q.どんな色が人気ですか?
    男の子は定番のクロが一番人気。なかでも糸(ステッチ)を青・赤・金色などで縫い上げたランドセルが人気です。女の子はラベンダー系やブラウン系などがここ3年ほど前から人気があります。
  • Q.「天然素材」と「人工皮革」の素材の違いとメリット・デメリットは?
    ●天然素材(コードバン(馬革)・牛革)
    メリット:素材自体が硬いので、型崩れがしにくく丈夫で通気性に優れています。6年後には財布や小物入れなどに「リメイク加工」ができるので卒業以降も愛用できます。
    デメリット:人工皮革と比べると重く最初は肩ベルトが硬く痛いので、入学前に手で揉むなどの「慣らし」が必要です。長距離通学の場合は人工皮革を選ばれる方が多いです。
    ●人工皮革
    メリット:軽くてカラーバリエーションが 豊富。重さも1,100~1,400gまでで雨にも強いです。
    デメリット:人工皮革も低ランクから高ランクまであり、軽量過ぎる生地だと薄く、凹みやすいです。
  • Q.ランドセル選びを何から始めたら(決めたら)よいですか?
    素材→色→デザインの順に選ぶと決めやすいと思います。価格を入れるなら「素材→価格→色→デザイン」がいいと思います。ランドセルもたくさんのメーカー・素材があるので悩まれると思います。オススメの決め方は、ママやパパがが素材(馬革・牛革・人工皮革)と価格を選び・お子さんと色を決めて・最後にデザインを選ばれるとスムーズに選べると思います。同じ素材でも加工方法によって質感・耐久力が異なり、どの素材にも長所・短所があります。お子さんが素材を選ぶのは難しいので、ママやパパが資料や展示品を確認して選んであげてください。
  • Q.ネットでの購入を考えていますが注意すべきことは?
    注意すべきは写真の色と実物の色の違いです。カタログ撮影をするときは明るい光を当てて撮影しますので鮮やかな色になりますが、実物は落ち着いた色や渋い色だったりします。当店でもパンフレットを参考にご来店いただいたお客様が実物を見て思いと違い、他のランドセルを選ばれることが多いです。また実物を確認しないと、ランドセルの質感や金具の作り、生地・内部素材の厚みなどがわかりませんので、実際の物は生地がペラペラの物もあります。ネット購入の場合は、事前に実物を確認してからのご購入をオススメします。遠方で確認が無理な場合は、素材の資料請求や展示会に参加しましょう。
  • Q.うちの子、小柄なのですが・・・。
    小柄なお子さんの場合は「軽さ」と「フラットキューブ」で選んであげるといいと思います。通常ランドセルは6年間使いますので、2〜3年生の頃にフィットするように作られており、1年生にはただでさえ大きく重いものです。天然の牛革よりは、合成皮革の方が軽いです。また、あまり知られていないのが、背中に当たる部分の面積を小さくした「フラットキューブ」です。近年大きくなってきているランドセルですが、横側と背面のつなぎ方を工夫することで、背中に当たる部分の面積を小さくしたのが「フラットキューブ」です。背中に当たる部分の幅が2〜3センチ違いますので、お子さんにとっては大きな違いです。
  • Q.学校が遠いので心配です。
    通学が長距離になる場合は「肩と背中がラク」なランドセルを探すとよいと思います。
    ランドセルの重みは2本の肩ベルトに集中してかかってきます。重みで肩が痛くならないようにする場合、背負い心地を左右する「背カン」の形状が体に合い、肩ベルトの幅が広いものの方が肩は痛くなりにくいです。また、背中に当たる部分に、凹凸を設けたり素材が工夫されたりして蒸れにくくなっているものは、長時間歩く場合におすすめです。
  • Q.元気いっぱいの息子。壊れたりキズがついたりしないか心配です。
    丈夫さは「生地の厚さ」「中に入っている芯の強度」「縫い方」で決まります。
    生地の厚さでいうと、天然の牛革の方が厚い場合が多いです。また、中に丈夫な芯が入っているものを選ぶとよいと思います。お店で触らせてもらえるのであれば、実際に押してみるとよくわかります。また、縫い方が丁寧なものを選ぶと、縫い目から壊れることが少ないと思います。
    キズ対策は「素材」で選びましょう。キズは「つきにくい」のと「ついたときに目立ちにくい」のと2つの考え方があります。例えば、人工皮革ですと、コーティングがされていてキズがつきにくいです。逆に、天然皮革ですとキズはつきますが馴染んで目立ちにくいといえます。
  • Q.「ピンクがいい!」の一点張りですが、派手すぎるのではないかと心配です。
    個性的な色を選ぶ場合でも、「色味」や「材質」などで印象は大きく変わります。親としては「赤じゃなくて大丈夫だろうか」と思ってしまいがちですが、近年はカラーバリエーションが豊富で、他のお子さんもさまざまな色のランドセルをお持ちなのでさほど違和感はないと思います。また、色味や材質、刺繍やチャーム付きなど、さまざまな選択肢がありますので、お子さんのご希望を取り入れつつ、パパとママもアドバイスをしてあげるとよいと思います。例えば、色は希望のピンクでも色味を落ち着いたものにし、かわいい刺繍入りのものにする、などです。ぜひいろいろな視点から選んでみてください。

中学制服編

  • Q.中学制服の補正は3年間無料ですか?
    ハイ! 当店でご購入していただいた商品に関しては、学校の規定内で3年間無料で補正させていただきます。補正を出されるのは夏休みなどの長期休みがオススメ。1~3月は多忙の為、補正にお時間をいただく場合がございます。
  • Q.中学制服の採寸はいつ頃からですか?
    お子様の成長の事もありますので、採寸は年明けの1月からです。男の子の場合、小学校の卒業式で学生ズボンをはかれるお客様は、2月中旬までに採寸をお願いしております。
  • Q.グループで制服を予約をしたのですが、予約したメンバーと一緒に来店して採寸をするのですか?
    来店はグループではなく、お一人で大丈夫です。採寸は予約制ではありませんので、ご来店されたお客様順に採寸させていただきます。
  • Q.制服の種類は選べますか?
    ハイ!男の子はカンコー学生服・ポロクラブ学生服・冨士ヨット学生服の3大メーカーからお選びいただけます。各メーカーによって、素材・シルエットが異なりますのでお子様に合わせてスタッフがアドバイスさせていただきます。
    女の子はカンコー女子制服を主体に、ファインレーベル・ビューティーウオッシュ・ELLEからお選びいただけます。 毎年ご好評をいただいている「ELLE」はストレッチ効果で着心地がよく、スッキリシルエット!! 当店の女子スカートは全て消臭効果のある裏生地が付いていて肌にもプリーツにも優しい♪
pageTop